facebook

instagram

食べ方レシピ

自然薯のすりおろし方法

  • 軽く水洗いした後、ヒゲ根をコンロであぶって取ります。
  • たわしなどで軽く洗い、乾いた布巾などでよく拭きます。
    そのまま切って食べても、とても美味しいです!
  • すり鉢ですります。すりおろした自然薯を
    再度すりこ木でするとコクが出てふわふわになります。
    (家庭用すりおろし器でもOK!)

自然薯は、長く生育し、表皮が薄く、粘度が大変強いのが特徴です。
カルシウム、鉄分、リン等のミネラル・ビタミンが豊富で、古来より精のつく滋養強壮食として用いられてきました。
最近では、若さの維持やホルモンバランスを担うDHEAを増やす役割があることがわかり、注目を集めています。
健康だからこそ、美味しいと感じられると思います。

材料(4人分)

・自然薯 300g ・だし汁 400ml ・しょうゆ 小さじ2
・米 2カップ ・押し麦 1カップ ・ゆずの皮 適宜 ・細ねぎ 適宜

作り方

  • 1.米と押し麦を合わせて洗い、いつもの水加減にして、普通に炊く。
  • 2.鍋にだし汁を温め、しょうゆを加え、煮立ったら火を止めて冷ましておく。
  • 3.自然薯は、すり鉢ですりおろし、2のだし汁を少しずつ加えてすり混ぜ、とろろ汁を作る。
  • 4.ゆずの皮は、粗みじん切りにする。細ねぎは小口切りにする。
  • 5.器に1のご飯を盛り、3のとろろ汁をたっぷりかけ、4の薬味を散らす。

ポイント&アドバイス

  • 麦はビタミンが多く、食感も楽しめます。麦の代わりに五穀米にしても、色味がきれいです。
  • すりおろした自然薯の4倍のだし汁で、固さをみながらのばしてください。ご飯にかけた時、ご飯の粒が見えるか見えないぐらいかがベストです!

材料

・自然薯 適宜 ・しいたけ ・大葉 ・手巻き用海苔 ・塩、抹茶塩

作り方

  • 1.ピーラー(皮むき器)で、自然薯の皮をむき、すりおろしておく。
  • 2.しいたけはいしづきを取り、裏側に、すりおろした自然薯をのせて、油で揚げる。
  • 3.大葉は洗って、水気をキッチンペーパーで取り、すりおろした自然薯を巻き、油で揚げる。
  • 4.手巻き用海苔は、八等分に切り、すりおろした自然薯を巻いて、油で揚げる。
  • 5.それぞれ焦げ目がついたら油から取り出し、油を切る。
  • 6.お好みで、塩や抹茶塩をつけて召し上がれ。

ポイント&アドバイス

  • おつまみ感覚で、ぺろっと何個でもいけちゃいます♪

材料(4人分)

・自然薯 400g ・鶏もも肉 2枚 ・長ねぎ 2本 ・ごぼう 1本
・三つ葉 2束 ・だし汁 5カップ ・みりん 大さじ5 ・しょうゆ 大さじ5

作り方

  • 1.鶏もも肉は一口大に切る。
  • 2.長ねぎは1cm幅の斜め切りにする。こぼうはタワシで皮をきれいに洗い、ささがきにする。三つ葉は3~4㎝長さに切る
  • 3.自然薯はすりおろす。
  • 4.土鍋にだし汁、みりん、しょうゆを合わせ、鶏もも肉を入れ中火にかけ、煮立ったらごぼう、長ねぎを加える。再び煮立ったら、3の自然薯をスプーンで落とし入れる。自然薯に火が通ってふわっと浮いてきたら、三つ葉を入れて火を止める。汁ごと器に取り分けて食べる。

ポイント&アドバイス

  • 三つ葉は水菜にしてもOKです。※写真のお鍋は水菜を使っています。

材料(4人分)

・自然薯 適宜 ・ハランの葉(あれば) ・岩塩 適宜

作り方

  • 1.ピーラー(皮むき器)で、自然薯の皮をむく。
  • 2.自然薯を厚さ3mmくらいで、食べやすい大きさに切る。
  • 3.お皿にハランの葉を敷き、①の自然薯を盛り付け、岩塩を添える。

ポイント&アドバイス

  • 自然薯の切り方を輪切りと拍子切りにすると、盛り付けた時、バランスが良いです。
  • ハランの葉は殺菌効果があります。
  • ピンクの岩塩は色味がきれいです。岩塩はいろいろあるので、お好みで選んでください。
  • このメニューはビールや日本酒のおつまみにピッタリです!

pagetop